2016年12月03日

2016年11月20日

2016年10月28日

藤田理麻 新作絵画展へ

巡礼 ― 魂の旅
〜スピリチュアルかつファッショナブルな作品を
発表している藤田理麻氏。
今回は、今年3月に実現した長年の夢、
インド八大聖地巡礼からインスパイアされた作品〜
jyunrei.JPG
初日に行ってきたのですが、
心が浄化されたのか、
その夜からいくつか小さなLUCKがありました。

インドは行ったことがないけれど、興味深い地。
作品を通して、そこを訪れ、“ 慈愛 ” の感覚に。
表紙掲載(左)は「ガーランド」という作品、
ビジューでガーランドしてみました。

伊勢丹アートギャラリーにて11/1まで。
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年10月21日

鎌倉彫

先日いただいた鎌倉彫の器。
ご自分でデザインして彫られたという作品。
文様も艶も美しく、裏には名入れもされています。
鎌倉彫.JPG
湯之元の山椒せんべいを入れてみました。
箱から直接、口に運ぶのではなく、
一度、器に並べ、
そこから手に取って食すというだけで、丁寧になります。
和物は落ち着きますね。
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年10月20日

ルアーのランチョンマットペーパー

昨夜の食事会、
ランチョンマットペーパーに、
ルアーなどフィッシングの道具が描かれていました。
ランチョンマットペーパー.jpg
小・中学生の頃は、
家族で山や川や海によく行ったものでした。
釣りもしたし、、、
ふと、
四万十川で裸で泳いだことも思い出しました。
ふと、
よく男の子と間違われていたことも思い出しました。
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年10月18日

白鷺と白鯉 

駅までの道にある橋からの風景。

川の真ん中に白鷺がいたので見ていたら、
少し離れたところに、もう一羽、見えました。
そして、
白い鯉も二匹いるのを発見!
鯉と鷺.jpg
時が止まったような静けさ。
“求愛” だといいなと思いながら、
しばらくこのシーンに身を置きました。
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年10月17日

ストレッチ

昨日の快晴から、一転、雨でした。

毎晩、ストレッチをするのですが、
そばで眠っていたカイリは、
kairi0.JPG
寝返りを打ち、
kairi1.JPG
上半身、さらに伸びてました。
kairi2.JPG
関節、柔らかいです。
kairi3.JPG
ウチにはカイリともう1匹クウがいますが、
カイリのほうが、より柔らか、軟体。
猫は柔らかい生き物だけど、
その柔軟性にも、個体差があるのだと、
この猫たち(姉妹)に教わりました。

全く起きないカイリを横目にストレッチに励んでいます。
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年10月16日

アラビアンダンスショーへ

ベリーダンスを観てきました。
Rakkas.jpg
妖艶な踊り子たち♪
ダラブッカのリズムに合わせて、
腰や胸のバイブがすごかったです。
ぶるぶる、くねくね。

踊りは、遠目でも伝わるように、
指の先、足の先まで神経を行き渡らせるものだけど、
あの細かい動きが、後方席でも見てとれるということは、
相当な “筋肉使い” なのだろうなと。

アラビアンな音の世界も大好きなので、
ノッテしまいました~~~/(^.^)/~~~
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年10月08日

イッテラッシャイ会

Mちゃんと食事。
仕事でしばらく遠くへ行くとのことで、
イッテラッシャイ会。

でも今は、メールでも携帯でも、
繋がろうと思えば、いつでもどこでもツナガレル。
いい酔い加減で、駅までの道では、
「テレビューティー」の話を。
ニュースで見て面白かったので。

オンライン会議の際、画面上で、
化粧をしているように見えるアプリが開発されたというもの。
育児や介護などで、
パソコンを使って自宅で勤務する女性も多い中、
オンライン会議のためだけの化粧が
負担だという声から生まれたのだそう。

ソフトな雰囲気や、シャープな印象など、
選択すると、目元や口紅の色が変わったりするなんて♪
試してみたいね、それで、スカイプしてみたいね♪と。
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年10月07日

秋の墓参

5日夜から仙台へ。
仕事を終えたので、
足をのばして、お墓参りへ。
もう何年もご無沙汰してしまっていたので、
念入りに墓石を磨き、手を合わせてきました。

さらにそこから近くのバラ園にも寄り、
清らかな気持ちに。
季節を終え、残り三分の一といった感じだったけれど、
じゅうぶんキレイでした。
rose p.jpg
rose v.jpg
ルリラ〜、ルルリラ〜、明日は何処に行こう♪
YOSHIKIさんの曲がずっと頭を巡り、
帰りの新幹線までもルリラ〜。
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年09月24日

ガレとドーム展へ

〜美しき至高のガラスたち〜
エミール・ガレ、ドーム兄弟の展覧会へ。
写真左・ガレ作、
サン=ニコラ=ド=ポール教会と湖水風景文花器。
右・ドーム兄弟作、葡萄とカタツムリ文花器。
galle&daum.jpg
花器や香水瓶、ランプなど、
約100点、ガラスの様々な造形美にうっとり。

作品目録に技法・材質の欄があり、
被せガラス、月光色ガラス、型吹き、エッチング、金彩……等
書いてあったけれど、実際にどうやって作るのだろうと、
プロセスを想像しながら、
そして、
神・人・虫・花・魚・鳥・風景……をガラスに施すという、
その発想を、色々な角度から眺めました。

ガレ/生誕170周年とのことでしたが、
一点一点に、
今もって作者のぬくもりが感じられるようでした。
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年09月10日

二科展101回

国立新美術館、二科展へ。
絵画・彫刻・デザイン・写真と、
膨大な数の作品を鑑賞してきました。
nika101.jpg
どんなに疲れていても、
アートに触れると本当に元気になります。

知人でもあり、今回、
出展していらっしゃる竹内幸子先生の作品『ガンジスの濁流』も、
ダイナミックかつエネルギッシュだったので、
そのことをお伝えしたら、
やはりそのパワーの源は、
切磋琢磨している相手の存在があるからなのだと。

作品に込められた “気” を受け取り、
帰りは、ここで一休み。
midtown.jpg
六本木という街の磁力も感じながら。
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年08月26日

冷凍バナナ

まだまだ暑いけれど、8月も下旬。

さて、この夏もよく食べました、冷凍バナナ。
banana.JPG
皮を剥いてラップして冷凍しただけなのだけど、
食べごたえがあって美味しいのです!
単独でももちろん、アイスクリームとなら、

オリンピック期間もこれを切らさず、
試合で白熱して、、、終わると、1本、
で、また次の競技を応援して、、、1本、の、繰り返し。

まだ当分、食べるでしょう〜。
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年08月25日

5年日記を贈る

母の誕生日に、おめでとうコール。
プレゼントに、
2016年〜2020年の5年日記を郵送したので、
届いてる? 書いてね♪ と、念押し、したのでした。
ちょうどリオから東京五輪までの月日。
まだまだたくさん時間を共有しようね、と、
カードも添えて。

誕生日は、
年を重ねてからのほうが、
感慨があるもの。

先月は私が親に会いに行き、
今月は会いに来てくれて、
弟も含め、みんなで食事をしている時に、
こんなふうに家族でって、あと何回あるだろうねぇ、
など、と、語り合った。

大好きな人たち、
私の、はじまり。
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年08月06日

The Matsuyama Ballet

バレエを観てきました♪
ballet.JPG
観客席とは一線を画し、
舞台が、額縁のように縁どられていて、
夢の国のようでした。
でも、それは、踊り手の、
そこに至るまでの、たゆまぬ稽古の日々があったからこそ。
「真・善・美」
美しい躰、しなやかな筋力に見惚れました〜(#^.^#)

ロビーにもバレエをやってるなという人が大勢いたけれど、
もう姿勢が違う、姿勢が!
衣装をつけてなくても、その背すじと立ち居振る舞いが、
語ってます〜。キレイ〜。
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年08月04日

冬瓜ってこんなになるんだ!

ご近所から、
デッカ〜〜〜〜イ、冬瓜をいただきました。
新聞にくるんで、
抱きかかえるようにして、
うわ、これ、赤ん坊みたいよ、と、
持ってきて下さったのでした。
冬瓜.JPG
長さ30p、高さ15p、4.4s(猫とほぼ同じ重さ!)
トマト、ニンジンらと比べて、こんなに大きいっ

さぁて、どうやって食べようか(^◇^)
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年07月23日

ねぶた祭@品川エキュート

品川駅構内に展示されていた、
「ミニねぶた」。
nebuta.jpg
この前で、
ハネトの乱舞とお囃子のパフォーマンスがありましたが、
私が通った時はすでに終わっていて、MCになっていました。

「ハネト(跳人)」とは、青森ねぶた祭の踊り手のこと。
踊った後、ハネトがつけている鈴が路上に落ちますが、
踏まれたりしていないキレイな鈴を拾うと、
その一年間、幸せが訪れると言われているのだそう。
へぇ〜、と、頷きながら、乗り換えホームへ。

ねぶたは、見たことがないので、見たかったなぁ。
ラッセラーの掛け声も聞きたかったなぁ。
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年07月21日

ロマンシエ、読後。

一昨日、ロマンシエを読み終え、
そういえば、原田マハさんのお宅も素敵だったことを思い出し、
スクラップを探したところ、ありました。
「知りたい!散らかさないひとの頭の中。」という見出し。

スッキリとした広〜いリビング。
maha1.JPG

書斎やキッチンなど、
このページ右には、太字で、
「展覧会で作品の配置を編むように、日用品も編めば散らからない。」と。
maha2.JPG
日用品を編む、というだけで、暮らしがアートに感じ、
ひきだしの中は、きちんと配され、
見える収納の鍋やボウルはオブジェのよう。

キュレーターという響きを覚えたのも、
原田マハさんから、です。

よし、部屋の片づ、、、あ、編んでみよう!
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2016年07月20日

蝉の鳴き初め

今年、初めての、
ミンミンゼミの鳴き声を聞きました。

駅ホームで電車を待つ間、
ベンチ後方の木から、
「み〜ん、み・・・」
「み〜ん、み〜・・・」
「み〜ん、み〜ん、み〜ん、みー・・・」と、
まだ慣れてない様子。

毎年、セミの鳴き初めに出くわすのが楽しみなのです。
ミンミンさんのように目立つセミは、特に♪
ひと鳴きで終わっちゃったり、短かっ!!だったり。
立派にワンフレーズ、鳴きこなすまで、
つい、聞き耳にも力が入ります。

あんなに小さな体ですごいナ♪
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL